• チームになれば

    毎日・毎週時間を生み出すことが可能

     

    お金以上に有限である「時間」を

    最大限に生かすための配分を考える

    時間予算ワークショップ

  • 本ワークショップは横浜市立学校事務職員である上部充敬さんと共同開発ツールです

  • 時間予算ワークショップ体験者の声

    ●こんなに時間を生み出せるなんて驚きです 。

    ●自分自身の働き方だけでなく、学年・学校チームで考えるということがとても大切だと実感できました

    ●働き方改革なんてできないと思っていたが、付箋に書き出してみたり、ベイビーステップを考えてみたりすると、実現できるかもしれないことがあるとわかった。まずは、行動に移すことが大事だと感じた。

    ●学校の未来を語っているようで、楽しかったです。今まで、こうあるべきと思っていたものが本当に正しいのか、教員がやらなくてもよいものがあるのではないかと考える機会となりました。すぐに実現できるものがありますが、できることから少しずつやっていけたらと思います。

    ●自分自身の働き方にについて考えることが子どもたちに返されるのだということに改めて気づかされた遠藤先生のご講演でした。形骸化してしまっていることも多いうえに、教員に求められていることも増えてしまっているので、若い先生たちのために声をあげることは必要だと思いました。

    All Posts
    ×